利用規約

MEMBERS RULE

第1条(会員規約)

本規約は、株式会社フュージョンアンドリレーションズ(以下、「当社」)が主催・運営する 情報提供サービスPREMIUM STATUS BRIDAL(以下「PSB」)における入会方法、利用料金の支払方法、その他利用に係わる一切の関係に適用します。

第2条(本規約の範囲)

当社がオンライン、または当社が提供する手段を通じ随時会員に対して発表する諸規定は、本規約の一部を構成し、会員はこれを承諾するものとします。諸規定が本規約と異なっている場合には、諸規定が優先するものとします。

第3条(本規約の変更)

  1. 当社は、会員の了承を得ることなく、この会員規約を変更することがあります。この場合には、サービスの利用条件は、変更後の会員規約によります。
  2. 変更後の会員規約については、当社が別途定める特別な場合を除いて、オンライン上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

第4条(会員資格)

  • 【男 性】
    20代~40代で上場企業or大手企業or外資企業or弁護士or会計士or税理士or公務員or年収500万円以上or当社がこれらの資格に準ずると判断した方
  • 【女 性】
    20代~40代の方

第5条(入会)

  1. 「PSB」へ入会を希望する場合には、入会希望者本人が、当社所定の方法により、入会の手続きを行うこととします。
  2. フォームにて必要項目を入力して送信し、その後当社からお送りする決済画面で決済をします。(口座引き落としの方は初期費用と2ヶ月分の月会費をお振込み)
  3. 当社から郵送した申込書と所定の書類を当社に返送頂き、会員資格が発生します。

第6条(入会の取り消し又は強制退会等)

  1. 当社は、「PSB」の入会申し込みを行った方が、以下の各号のいずれかに該当すると当社が判断した場合、会員期間中であっても「PSB」の入会を取消すことができるものとします。

    (1)未成年者、入会制限等、その他当社が会員とすることを不適当と判断した場合。
    (2)入会申し込み内容に虚偽があったことが判明した場合。
    (3)過去に本規約違反等により、「プレミアムステイタスブライダル」の会員資格が取消されていることが判明した場合。
    (4)入会申し込み者が実在しない場合。
    (5)入会申し込みをした時点でサービスの利用料金の支払を怠っている場合。または過去に支払を怠ったことがある場合。
    (6)会員が死亡した場合。
    (7)会員に対し、電話、電子メール等による連絡が取れない場合。
    (8)決済手段として指定したクレジットカードの名義が本人名義でない場合。
    (9)会員に対して破産又は民事再生法手続き開始の申立があった場合。
    (10)本契約の違反等がある場合。
    (11)当社の業務遂行上又は技術上支障があると判断した場合。
    (12)会員に対して強引なナンパ、勧誘、不快な思いをさせた場合。
    ※強引や不快である等の基準は受け手側や当社の判断とします。
  2. 前項により当社が入会の不承認を決定するまでの間に、当該入会申し込み者がサービスを利用したことにより発生する利用料、その他の債務、及び「PSB」が被る損失は、当該入会申し込み者の負担とし、当該入会申し込み者は本規約に準じて当該債務を履行するものとします。

第7条(会員の承認事項)

会員はPSBを利用する際、以下の事項を承認するものとします。当社規定の記載事項、写真、プロフィール、性別、血液型、職業等、事前に当社に提出頂いた全ての情報を、PSBが提携している日本結婚相談所連盟(IBJ)の会員から検索され、又は閲覧される事。自己のプロフィールデータおよび電子掲示板に記載されている内容を、当社が閲覧したり削除する場合があります。

第8条(登録内容変更の通知義務)

  1. 会員は、住所、電子メールアドレス、クレジットカードの有効期限、その他の会員登録事項に変更があった場合には、当社所定の方法により、電子メールもしくはFAXにて速やかに当社に届け出る義務(以下、「登録内容変更の通達義務」)を負うものとします。また、会員が登録内容変更の通達義務を果たさずに当社が損害を被った場合は当該会員の責任において弁済することとします。
  2. 会員が前項の届け出を怠ったために、当社からの通知などが到達しなかった場合には、通常到達すべき日時に到達したものとみなします。

第9条(e-mailアドレスおよびパスワードの管理)

  1. 会員は、e-mailアドレスやパスワードを第三者に譲渡、貸与、売買、名義変更、質入等をすることはできないものとします。
  2. 会員は、e-mailアドレスやパスワード第三者に知られることのないよう責任をもって管理する義務を負うものとします。
  3. 会員は、e-mailアドレスやパスワードを忘れた場合、または盗用された場合は、速やかに当社に連絡し、当社の指示に従うものとします。

    尚、会員の故意又は過失により、第三者が当該会員のe-mailアドレスやパスワードを不正に使用損害が生じた場合、自己責任において解決しなければなりません。この場合、当該会員は、その利用に係る利用料金を負担しなければなりません。
  4. 他の会員のe-mailアドレスやパスワードは一切使用してはなりません。
  5. 会員は有害なコンピュータープログラム等を送信又は書き込む行為、その他会員もしくは第三者の設備又はクラブ設備の利用運営を妨害する行為、その他他の会員、当社又は第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任と負担においてその損害を賠償しなければなりません。

第10条(サービスの利用料)

「PSB」の利用料、算定方法等は、当社が「料金規約」として、別途定めることとします。

第11条(登録日および月会費料金)

  1. 以下の料金については、会員資格発生時に支払義務が生じるものとします。

    (1)登録費
    (2)月会費
  2. 利用料金の会計基準は、月会費開始日(登録日)から、月末までの期間とし、1日でも会員資格を有した場合は月会費が発生します。会員資格がなくなった場合には、利用料金やその他費用の日割計算、月割計算による減額や返金は、一切行わないものとします。これらの料金については、会員が期間中に「PSB」を利用しなくても発生するものとします。
  3. 「PSB」を利用するために必要なパソコン機器や通信機器等の設備費用、「PSB」へのアクセスに伴って発生した通信費用、及びインターネットプロバイダに支払うインターネット接続料金等は、会員がこれを負担するものとします。
  4. 当社は、いかなる理由においても、会員からすでに支払われた料金の減額、返金は一切行わないものとします。
  5. 当社から発行される資料、電子メールおよびクラブ当該ページなどに掲載される登録費・月会費料金などの料金およびその請求条件の表記について、万が一、当社の誤りがあった場合でも、これらの誤りに対して当社は何ら責任を問われないものとします。

第12条(決済手段)

  1. 当社が承認したクレジットカード会社の発行するクレジットカードにより、クレジットカード会社の規約にもとづき決済する方法
  2. 金融機関自動口座引き落としにより決済する方法。

第13条(決済)

  1. 会員が入会後、会員本人から事前に申し出のない限り、終了月の終了日19時を経過した時点(当社基準時間による)で、自動的に定期更新するものとし、これについての通知は行いません。また、定期更新により発生した料金については一切返金しないものとし、これに対して会員は異議を唱えないものとします。なお、当社基準時間とは決済を行うサーバーの時間など、当社が合理的と判断した時間とします。
  2. 当社は前項に基づき算出された金額、および、これにかかる消費税相当額等を、各会員の決済手段に従ってクレジットカード会社もしくは指定金融機関口座にそれぞれ請求するものとします。
  3. 会員は各自の決済手段により、当該会員と当該クレジットカード会社もしくは金融機関自動引き落とし決済会社間で締結した支払条件に従い、支払いを行うものとします。
  4. クレジットカード決済の場合、会員と当該クレジットカード会社の間で料金その他の債務を巡って紛争が発生した場合、当該当事者間で解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第14条(サービスの一時的な中断)

  1. 当社は、次のいずれかに該当すると当社が判断した場合には、一時的に「PSB」を中断することができるものとします。

    (1)「PSB」のシステムの保守を定期的に、または緊急に行う場合。
    (2)火災、停電等により、「PSB」の提供ができなくなった場合。
    (3)地震、噴火、洪水、津波等の天災により、「PSB」の提供ができなくなった場合。
    (4)戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等により、「PSB」の提供ができなくなった場合。
    (5)その他、運用上、技術上、当社が「PSB」の一時的な中断を必要と判断した場合。
  2. 当社は、前項の規定により「PSB」を中断する場合、サービス用システムに異常な事態が生じた場合、運営上やむを得ず「PSB」を中断する場合には、告知なくしてサービスを一時的に停止することができるものとします。
  3. 当社は、前項各号のいずれか、またはその他の事由によりサービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する会員または他者が被った損害について一切責任を負わないものとします

第15条(当社の免責)第25条(準拠法)

  1. 当社は、当社の故意又は重大な過失以外の事由により、「PSB」の提供が遅延し、または中断したことに起因して、会員又は第三者が被った損害について、一切の責任を負わないものとします。
  2. 当社は、会員が「PSB」の利用を通じて得た情報等の正確性、特定の目的への適合性等について、一切保証責任を負わないものとします。また、これらの情報等に起因して生じた損害に対しても、一切の責任を負わないものとします。
  3. 当社は、「PSB」会員のサービス向上および拡大のため、会員の個人を特定できないよう措置を講じた情報を集計・利用し、開示することができるものとします。これらの情報等に起因して生じた損害に対しても、一切の責任を負わないものとします。
  4. 「PSB」を通じて提供される情報に関し、会員と他の会員、あるいは第三者との間で紛争が生じた場合は、会員は自己の費用と責任においてこれを解決するものとし、当社に損害を与えないものとします。
  5. 「PSB」の利用に起因して生じた会員間の紛争、会員間または全会員の個々の電子メール送受信に関する個別の紛争について、当社は一切関知しないものとします。

第16条(会員規約違反などの対処)

  1. 当社は、会員が会員規約に違反した場合、会員によるサービスの利用に関して他者から当社にクレーム・請求等があり、それを当社が妥当と認めた場合、またはその他の理由で会員が「PSB」運営上不適切な行為を行っていると当社が判断した場合は、当該会員に対し、次のいずれか、または、これらを組み合わせて講ずることがあります。

    (1)会員規約に違反する行為を止めること、および同様の行為を繰り返さないことを要求します。
    (2)他者との間で、クレーム・請求等の解消のための協議を行うことを要求します。
    (3)会員が発信または表示する情報を削除することを要求します。
    (4)事前に通知することなく、会員が発信または表示する情報の全部もしくは一部を削除し、または他者が閲覧できない状態に置きます。
  2. 2.会員は、当社が前項に定める措置を講じた場合に、当該措置に起因する結果に関し、当社を免責するものとします。

第17条(損害賠償)

会員が本規約に違反した行為があった場合、不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合、当社は当該会員に対して相応の損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第18条(私的利用の範囲外の利用禁止)

  1. 会員は、当社が事前に承認した場合(当該情報に関して権利を持つ第三者がいる場合には、当社を通じ当該第三者の承認を取得することを含む。本規約において以下同じ)を除き、「PSB」を通じて入手したいかなる情報も会員個人としての私的使用以外に利用できないものとします。会員は、当社が事前に承認した場合を除き、いかなる方法によっても、第三者をして、「PSB」を通じて入手したいかなる情報も使用させることはできないものとします。
  2. 会員は、前項に違反する行為を第三者にさせることはできないものとします。

第19条(禁止行為)

  1. 会員は「PSB」を利用するにあたり、次の行為を行ってはならないものとします。

    (1)第三者に自己のメールアドレス、パスワードを知らしめて、「PSB」を利用させる行為。
    (2)他の会員のメールアドレス、パスワードを本人の承諾の有無に拘わらず、これを使用して「PSB」を利用する行為。
    (3)他の会員や第三者を誹謗中傷、または侮辱行為、名誉を傷つける行為。
    (4)他の会員、あるいは第三者のプライバシーを侵害する行為。
    (5)当社もしくは他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
    (6)「PSB」利用により得られた文書、情報等を無断で修正、変更し、当該文書、情報等に関する信頼性を損なう行為。
    (7)営業活動、その他営利を目的とした行為、またはこれに類する行為。
    (8)特定の政党、または候補者を支持する立場から行われる選挙運動、またはこれに類似する行為。
    (9)虚偽の情報を書き込み、他の会員をして誤った情報認識を抱かせる危険性のある行為。
    (10)公序良俗に反する内容の著作物、文章、図形、プログラム等を発送信する行為。
    (11)「PSB」の運営、その他当社の業務を妨げるような行為。
    (12)法令に違反する行為。
    (13)当社、もしくは他の会員、または第三者に迷惑や不利益を与える行為等、当社が不適切と判断する行為。
    (14)本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段によりその他会員の個人情報を収集する行為。
  2. 前項に違反するか否かについて調査の必要があると当社が判断した場合、会員は当社の調査に応じる義務を負います。また他の会員も当社からの調査協力の要請に応じる義務を負います。

第20条(当社による情報の削除・変更)

  1. 当社は、会員への事前の通知や承諾なく、会員が「PSB」に掲載した情報を削除することができるものとします。その場合も、「PSB」の会費などは料金規程に従って徴収されるものとします。
  2. 当社は、「PSB」の運営及び保守管理上の必要がある場合、会員への事前の通知、承諾なく、会員が「PSB」に掲載した情報を削除、複写、移動、変更することができるものとします。

第21条(退会)

  1. 会員が退会を希望する場合には、電話又はメールによる当社への通知された時とします。原則、退会手続きは当社が行うこととします。
  2. 退会希望の場合は、会員様使用クレジットカードの締日の前日19:00迄に当社に電話又はメールにて連絡頂ければ翌月から退会となります。ただし、締日の前日19:00以降になると、翌々月からの退会となりますのでご注意下さい。
  3. 会員は「退会受理日」以降「退会日」まではサービスの制限を受ける場合があり、これに対して異議を唱えないものとします。
  4. メールアドレス、パスワード、会員情報などの削除、すべてのサービスの停止手続きは「退会受理日」以降の、当社が決定した日時に行われることとし、これに対して異議を唱えないものとします。
  5. 当社は「退会日」までに既に支払われた料金は一切返却しないものとします。また、「退会日」時点で当社に支払うべき債務がある場合は、その支払いを免れないものとします。

第22条(強制退会)

会員が次の各号のいずれかに該当した場合、当社は、当該会員への事前の通知、承諾なく、直ちに強制退会させることができるものとします。この際、当社は当該会員からメールアドレス、パスワードを回収し、さらに会員情報を速やかに削除する権利を有するものとします。

(1)会員規約に違反する行為をした場合。
(2)会員本人が結婚した場合。
(3)入会申込時の申告事実の全部、又は一部が虚偽であることが判明した場合。
(4)「PSB」利用料金の支払を怠った場合。
(5)「PSB」利用料金の支払のためのクレジットカードが無効になった場合。
(6)届け出住所の変更を怠るなど、会員の責めに帰すべき事由によって、会員の所在が不明となった場合。
(7)強制退会となった者が再度入会したことが判明した場合。
(8)その他「PSB」の会員として相応しくないと当社が判断した場合。
前項において、強制退会となった場合、当社は既に支払われた料金を一切返却しないものとします。また、退会日時点で当社に支払うべき債務がある場合は、その支払いを免れないものとします。

第23条(サポート)

  1. 当社は、「PSB」指定の方法で、会員へのサポートを提供するものとします。
  2. 会員からの電子メールによる質問は、登録されている電子メールアドレスを使用することを原則とします。
  3. 会員自身が使用するコンピュータ、オペレーティングシステム(OS)、通信機器、通信ソフト等の一切のサポートは、有償無償を問わず行わないものとします。

第24条(準拠法)

この会員規約に関する準拠法は、日本法とします。

第25条(専属的合意管轄裁判所)

当社及び会員は、当社と会員の間で本規約につき訴訟の必要が生じた場合には、当社の本店が属する地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることを合意するものとします。また、これに掛かる裁判費用、実費、当社の弁護士費用などはすべて会員がこれを負担することとします。

第26条(附則項目の追加)

当社は必要に応じて、本規約に対し自由に附則項目の追加をすることができるものとします。
ページ上部へ